和不動産|評判のエリアで不動産をお探しならお任せ下さい

03-5256-6660

営業時間10:00~19:00 定休日年末年始/GW/夏季休業

日記
「部屋向き」って何?

賃貸のお部屋の情報を眺めていると「南向き」など向きを気にしている方でも、良く聞いてみると間違っていることもあるようです。

「向き」とは窓向き のことで、一番良く陽が多く入ってくる面を指します。
バルコニー等がある方向だとまずそこが一番大きな窓があるので、バルコニー側が優先されます。
窓が二つ以上あるとだいたい角部屋なので、よく募集図面には「南東角部屋」などと書いてあります。

◆ 一般的には南向きが良いと言われていますが、実は若干東よりの南、つまり南東向きが一番良いといわれています。理由は南向きだと西からの陽もかなり入ってきますので冬はまだ良いですが、夏の西陽はとても暑いです。
西陽の強いところでは、真夏、冷房を入れても室内で熱中症になった人もいます。
なので、朝日が気持ちよく入り一定の時間をこえると陽が入らなくなる南東向きがベストだという人が多いです。

 

◆東向きのお部屋は朝日が入って暖かく目覚められますが、午後からの陽があまり入らない為帰宅したら部屋が冷えていた、なんていうことも。朝はゆっくり寝ていたい人にはおススメできません。

 

◆西向きのお部屋は夕方の陽当たりが良い為、お部屋が暖かい状態で帰宅を迎えてくれます。昼から干しても洗濯物が乾きやすいのは嬉しいかも。

 

◆北向きのお部屋は冬寒いだろうと敬遠する方も多い為、優良物件でもお家賃が比較的安く設定されているようです。また部屋の中にあまり紫外線が入らない為、大事な書籍や絵が日焼けしにくいというメリットもあります。

つまり選ぶときのポイント!自分の生活スタイルを考えて選ぶ

朝型か夜型か、日中も家にいるのか、インドア派かアウトドア派か……住んだ後の暮らしを考えて選ぶのがベストですね。



投稿日:2017/09/22   投稿者:吉野 徳子