日記 2019年9月 | 千代田区,港区,中央区周辺の不動産をお探しなら株式会社 和不動産にお任せ下さい。

03-5256-6660

営業時間10:00~19:00定休日年末年始/GW/夏季休業

日記

夏の間は素足で歩くことが多く、どうしてもフローリングが汚れがちになってしまいます。

秋には汚れたフローリングをきれいに掃除して、きちんとお手入れしてあげましょう。

◇普段のお手入れ◇

一般的な「合板フローリング」床は、住宅用洗剤で拭き掃除も出来ますが、水がしみ込むと化粧板が反ったりはがれやすくなるため、よく絞った雑巾で行いましょう。

◇この時期のお手入れ◇

今の時期にやっておきたいのは「ワックスがけ」です。寒い冬より、秋のカラッとした気候はフローリングのお手入れに最適です。

半年に一度ワックスがけをしておくと、汚れや傷がつきにくくなります。

住居用洗剤などで汚れや油分を落とし床が完全に乾いたら、フローリング樹脂系ワックス

モップか雑巾につけて塗布します。

◆ポイント!塗ったあとを踏まないよう、部屋の奥から出口に向かって進むのがコツです。

窓を開けて30分~1時間おき、ワックスが完全に乾くのを待ちます。

そのあと、日のよく当たる窓際や、水に濡れやすい場所、

よく歩く部分などを丁寧に二度塗りしましょう。

フローリングは普段のお手入れと半年に一度のお手入れで長く

綺麗に使うことが出来ます。

 

投稿日:2019/09/26   投稿者:吉野 徳子